構造・安全|【公式】バウス柏|JR常磐線・東武アーバンパークライン「柏」駅徒歩5分|日本土地建物の新築分譲マンション

バウス柏

  • 現地案内図
  • 物件概要
  • 資料請求資料請求
  • 来場予約来場予約

永住品質を約束するために、確かさを追求した基本性能
STRUCTURE

[バウス柏]の現場責任者が語る
品質・安全へのあくなき追求。

■18本すべての杭打ち工事に日本土地建物が立ち会い

吉田:昨年の杭打ち問題の報道を受けて、当社に限らず多くのマンション開発事業者、そして建設会社には杭の安全に関するお問い合わせが増えたと思います。

横田:はい。マンション購入を検討されている方からすれば、当然不安は大きくなりますよね。当社では以前から杭打ちを重要な作業と捉え、他社ではほとんど行われていない様々な方法を導入しています。例えば杭と杭の間の距離を測る際に、一般的には1方向だけの距離を測りますが、当社では1本の杭について両隣と斜めの杭の3方向で測り、正確な杭位置を確認してから工事を進めていきます。これは当社の「施工品質マニュアル」に必須事項として明記かつ実行しています。

吉田:当社にも「施工品質チェックリスト」があり、事業主自らチェックする項目が約860項目あります。なかでも杭は重要品質管理項目としてかなり細かなチェック・検査体制を敷いています。杭打ち工事の全数立ち会いもその一部です。

横田:当物件では18本の杭を打っていますが、日本土地建物はすべての杭打ち工事に立ち会いましたよね。マンション開発事業者自らがこのような全数検査を行っているケースはあまり聞いたことがありません。

■支持層を施工に携わるすべての関係者が確認。適正な施工記録を取得する初の試みも

吉田:今回私どもは18本すべての杭工事に立ち会いました。地盤の支持層の確認から、杭の鉄筋本数や鉄筋径・長さの確認、杭を打設する孔の形状や深さ等々。支持層の確認においては、通常、事前にボーリング調査のみを行って支持層の深さや土質を調査するのが一般的ですが、当物件においては、ボーリング調査のほかにラムサウンディングという支持層確認の補完調査も行っています。これによって、より高精度の支持層確認が可能になり、高品質で安全な杭ができたのです。

横田:支持層の確認記録が適正に管理されるように、日本土地建物にも記録紙を確認してもらい、サインをもらうという工程も取り入れました。

吉田:このチェック&サインという方法は今回の現場が初の試みでした。杭打ち工事の立ち会いについても言えることですが、ファーストコーポレーション側の理解や協力がなければ、ここまで厳重なチェックはできなかったと思います。

※事業主 日本土地建物はすべての工事において検査立ち会いを行っています。

■業界初ともいえるハイレベルな検査体制によって生まれる住まい

横田:当社には「施工品質マニュアル」の他にも「建築施工マニュアル」があり、現場で安全に、確実に、スムーズに工事を進めていくためのチェック項目が細かく設けられています。そして検査体制も当社はかなり高水準ではないかと自負しています。現場の検査は、協力会社による自主検査から当社現場や安全品質管理室による検査、第三者検査機関による検査まで合計6回に及びます。当社は品質や安全にかける熱意・情熱を大きな自慢にしてきましたが、日本土地建物も情熱的な会社ですよね。

吉田:そうですね。柱、梁等の主要鉄筋や設備スリーブの全数確認、コンクリートの品質確認など、当社は品質について細かく厳しくうるさいですから普通の設計施工会社はすごく嫌がると思います。しかしファーストコーポレーションはとても協力的でした。「いいものをつくろう」という思いが現場からひしひしと伝わってきました。

横田:ありがとうございます。今回、当社と日本土地建物はおそらく他のマンション開発事業者や設計施工会社がまだ行っていない数々の厳密な検査を組み合わせ、品質・安全への取り組みを追求してきたと思います。言い過ぎかもしれませんが、現在の日本のマンション開発においてはもっとも充実した検査・管理体制を実施したのが当現場であり、私ども2社の取り組みがやがては日本におけるマンション開発の品質管理・検査体制で当たり前になる時代になってほしいです。

吉田:その通りだと思います。今回の現場ではラムサウンディングによる支持層確認をはじめ、杭打ち工事の全数検査、計6回もの現場検査など、おそらく業界初と思われる最新レベルのチェック・検査を実施しています。品質・安全に徹底的にこだわった日本土地建物とファーストコーポレーションの2社による住まいが、購入される皆さまにとって大きな安心と感動に包まれる住まいとなることを願っています。

[売主・販売]
日本土地建物株式会社
住宅事業部 次長 吉田周平(写真左)
(一級建築士・1級建築施工管理技士)

[設計・施工]
ファーストコーポレーション株式会社
[バウス柏]所長 横田賢二(写真右)
(1級建築施工管理技士)

日本土地建物

1954年の設立以来、都市開発、住宅、不動産ソリューション、資産運用など幅広い事業を展開。「都市・社会の未来に新しい価値を創出していく質の高い総合不動産会社」を目指しています。

ラヴィアンコート墨田業平(竣工済)

ファーストコーポレーション

経験と実績を重ねた施工事業を核に、新たな総合建設企業として、顧客ニーズに最新の技術と情熱を投入。次代の都市空間を見据え、新価値の創造をめざし、活力ある街づくりを進めています。

プレシス多摩永山レヴィエ(竣工済)
来場予約
資料請求

資料請求いただいた方には物件の最新情報を随時お知らせいたします。

PAGE TOP